壁穴の補修・修理

  1. ホーム
  2. 壁穴の補修・修理

お部屋の壁穴、格安にて補修致します。

賃貸物件や戸建て・分譲マンション等の壁に開けてしまった、こんな穴やあんな穴、修理します。


壁穴の補修(修理)事例

ダミー画像

賃貸マンションの一室の壁(石膏ボード下地)にあけてしまった穴を補修(修理)した事例をご紹介します。

ダミー画像

まず、あけてしまった穴に対して、少し大きめに石膏ボードを切り欠きます。

ダミー画像

切り欠いた穴に、同じ厚みの石膏ボードをはめ込みます。

このとき、はめ込む石膏ボードの下地を作っておく必要が有ります。

ダミー画像

切り欠いた穴より多少大きめに壁紙をを剥がし、その周囲をテープで養生します。

ダミー画像

はめ込んだ石膏ボードが元の壁と平になるようにパテで隙間を埋め、均等になるようにならします。

ダミー画像

養生に貼ったテープの上に同じ柄の壁紙を合わせ、重ね切りし、壁側のカットした部分を剥がし、ローラーで念入りに押さえます。

新しい壁紙の端部には、改めて接着用に、ボンドコークを塗り込み、剥がれないようにします。

ダミー画像

完成!一応判らなくなっていますよね。


壁穴修理(塗装編)

ダミー画像

賃貸マンションの一室の壁にあけてしまった穴を補修(修理)した事例をご紹介します。
今回は、塗装された壁を補修した事例です。

ダミー画像

まず、あけてしまった穴に対して、少し大きめに壁を切り欠きます。
切り欠いた穴に、同じ厚みの石膏ボードをはめ込みます。
穴の周囲は、凹凸の無いようパテで平滑に仕上げます。

ダミー画像

こちらは上記作業の後、仕上げ用のよりきめの細かいパテにて下地を仕上げた状態です。

ダミー画像

最後は周囲と違和感の無いように調色(色合わせ)して一面塗装して終わりです。
こちらの方が、より補修範囲が判らなく良い仕上げになります。


  

PAGE TOP